「デジャヴ(Dejavu)」

作詞作編曲:まふまふ
絵:寺田てら
映像:まふてる
唄:まふまふ

罗马音:化野_uni

hai ki ga su
排気(はいき)ガス
sore to kai ri na ku
それと乖離(かいり)無(な)く
chuu ni u i te
宙(ちゅう)に浮(う)いて
sa ma yo tte ai ni ma ku
彷徨(さまよ)って 愛(あい)に巻(ま)く
yo tei chou wa de ko tei sou ba sei
予定調和(よていちょうわ)で固定相場制(こていそうばせい)
tsu gai yo so o i ki do tta kyou made
番装(つがいよそお)い気取(きど)った今日(きょう)まで

so rya ai jya nai to i u
そりゃ愛(あい)じゃないという
mata ai wa nai to i u
また愛(あい)はないという
ta ri nai ne ga i i ga i
足(た)りない願(ねが)い以外(いがい)
sou ya tte wan to nai te o shi mai
そうやってワンと鳴(な)いて御仕舞(おしまい)

kowa shi te na o shi kowa shi te
壊(こわ)して直(なお)し 壊(こわ)して
so shi te te moto ni a ma tta
そして手元(てもと)に余(あま)った
a i no pa-tsu
哀(あい)のパーツ
sore wa kou ka na kokoro no a na
それは高価(こうか)な 心(こころ)の穴(あな)
ki tto ni do to wa mo do se na sou dana
きっと二度(にど)とは 戻(もど)せなそうだな
「kimi wa fu tsuu jya nai」
「君(きみ)は普通(ふつう)じゃない」
boku wa fu tsuu jya nai
ボクは普通(ふつう)じゃない
zu re tei ta no wa
ズレていたのは
i tsu kara da tta kke na
いつからだったっけな

mado wa ku ha me komu kyuu kyou ka
窓枠(まどわく)はめ込(こ)む九教科(きゅうきょうか)
u so tsu i te made
嘘(うそ)ついてまで
wara wa se ta i cho-ku
笑(わら)わせたいチョーク
kon na kuu so na se ka i nara
こんな空疎(くうそ)な世界(せかい)なら
kuru tte shi ma tte i ra re sou da
狂(くる)ってしまっていられそうだ

nee
ねえ
nan de nan de suki ka tte
なんで なんで 好(す)き勝手(かって)
haya ri ya mai mi taku ai shi te
流行(はや)り病(やまい)みたく 愛(あい)して
ki tai kan mi man
期待感(きたいかん)未満(みまん)
ai gan no-ka un to
哀願(あいがん)ノーカウント
kaku tei ka
確定化(かくていか)
shuu jin no ji ren ma
囚人(しゅうじん)のジレンマ

mi tsu bai no shin zou
密売(みつばい)の心臓(しんぞう)
kou i gan bou
行為(こうい) 願望(がんぼう)
to ri ma i ta shin ki rou
取(と)り巻(ま)いた 蜃気楼(しんきろう)
i ya o u nai
否応(いやおう)ない
kou kai dou dai
後悔(こうかい) どうだい
nou nai dou dai
脳内(のうない) どうだい
wa ka ra na i n dayo
わからないんだよ
nan de nan de yo
なんで なんでよ

hou tei nai no na i fu mo tta
法定内(ほうていない)の ナイフ持(も)った
ba chi gai no kan kaku wa shu jin kou
場違(ばちが)いの感覚(かんかく)は 主人公(しゅじんこう)
fu ru e ru kimi wa kyo hi han nou
震(ふる)える君(きみ)は 拒否反応(きょひはんのう)
ha saki wa jyou mya ku ni tsu zu i te i ku
刃先(はさき)は 静脈(じょうみゃく)に続(つづ)いていく
kono hi to mi ga u zu i ta no wa
この瞳(ひとみ)が疼(うず)いたのは
ki shi kan da ra ke no sei
既視感(きしかん)だらけの生(せい)

do ra ma ni a ri sou na
ドラマにありそうな
a i wa ta ku san a tta
愛(あい)はたくさんあった
ma ni a wa se ni chou do ii de su ne
間(ま)に合(あ)わせにちょうどいいですね
sayo nara no ka o wa
さよならの顔(かお)は
ma ru de in shou naku te
まるで印象(いんしょう)なくて
jyu shin deki zuni su na a ra shi ga fu i te
受信(じゅしん)できずに 砂嵐(すなあらし)が吹(ふ)いて
ko kkei
滑稽(こっけい)

yuu ya ke ko ya ke de mata a shi ta
夕焼(ゆうや)け小焼(こや)けでまた明日(あした)
yaku soku shu ku dai wa su re ta mono ga chi
約束(やくそく) 宿題(しゅくだい) 忘(わす)れた者(もの)勝(が)ち
sou shi te kon ya mo se ka i kara
そうして今夜(こんや)も世界(せかい)から
ko bo re o chi te shi ma i sou da
零(こぼ)れ落(お)ちてしまいそうだ

nee
ねえ
nan de nan de suki ka tte
なんで なんで 好(す)き勝手(かって)
ka ta mu i ta shou gai ni hi jyou tou
傾(かたむ)いた生涯(しょうがい)に 非常灯(ひじょうとう)
hi kou tou hi kou o i ru rai ta-
非行(ひこう) 逃避行(とうひこう) オイルライター
kou nai no baku dan bara mai te
口内(こうない)の 爆弾(ばくだん)バラまいて
hi mi tsu ri bai bai tou ka kou kan
秘密裡売買(ひみつりばいばい) 等価交換(とうかこうかん)
ya ji u ma no ba sei
野次馬(やじうま)の罵声(ばせい)
i ya o u nai
否応(いやおう)ない
kou kai dou dai
後悔(こうかい) どうだい
nou nai dou dai
脳内(のうない) どうだい
ko wa ga run de shou
怖(こわ)がるんでしょう
nan de nan de yo
なんで なんでよ

hou tei nai no nai fu mo tte
法定内(ほうていない)の ナイフ持(も)って
shou rai wo kin tou ni sa bai ta
将来(しょうらい)を均等(きんとう)に 捌(さば)いた
ta kai sei fuku made
高(たか)い制服(せいふく)まで
ki ko na shi ta ya tsu kara
着(き)こなした奴(やつ)から
jun ban ni ta o re te i ku
順番(じゅんばん)に 倒(たお)れていく
kyou mo boku wo mu shi ba mu no wa
今日(きょう)もボクを蝕(むしば)むのは
ki shi kan da ra ke no sei
既視感(きしかん)だらけの生(せい)

kyo mu ni jyou me a ta ra shi i mono wa
虚無二乗(きょむにじょう) 目新(めあたら)しい物(もの)は
nai ya i ya nai ya i ya
ないやいや ないやいや
kore i jyou ma a ta ra shi i mono wa
これ以上(いじょう) 真新(まあたら)しい物(もの)は
nai ya i ya nai ya i ya
ないやいや ないやいや

sen bou ren jyou
羨望(せんぼう) 恋情(れんじょう)
mei mou saku sou
迷妄(めいもう) 錯綜(さくそう)
hon shou kei shou
本性(ほんしょう) 警鐘(けいしょう)
mi rai ei gou sou zou
未来永劫(みらいえいごう) 創造(そうぞう)
kou sou sou zou
構想(こうそう) 想像(そうぞう)
han chou ni su gi nai
範疇(はんちゅう)にすぎない
sai gi shin kyo e i shin
猜疑心(さいぎしん) 虚栄心(きょえいしん)
kou hai
交配(こうはい)
son zai no shou mei zu mi demo
存在(そんざい)の証明済(しょうめいず)みでも
dare kare ka ma wa zu
誰彼構(だれかれかま)わず
sen saku sou sa
詮索(せんさく) 操作(そうさ)

doko wo sa ga se do
どこを探(さが)せど
a i wa ke tsu bou
愛(あい)は欠乏(けつぼう)
su ku i wa nai
救(すく)いはない
yu ga mu mi rai ni
歪(ゆが)む未来(みらい)に
o tete wo chou dai
御手々(おてて)を頂戴(ちょうだい)
mi ni a ma ru de jya vu ni sa i na ma re
身(み)に余(あま)る デジャヴに苛(さいな)まれ
kokoro wa doko ni su te you?
心(こころ)はどこに捨(す)てよう?

nee
ねえ
nan de nan de suki ka tte
なんで なんで 好(す)き勝手(かって)
ha ya ri ya mai mi taku ai shi te
流行(はや)り病(やまい)みたく 愛(あい)して
ki tai kan mi man
期待感未満(きたいかんみまん)
a i gan no-ka un to
哀願(あいがん)ノーカウント
kaku tei ka
確定化(かくていか)
shuu jin no ji ren ma
囚人(しゅうじん)のジレンマ

mi tsu bai no shin zou
密売(みつばい)の心臓(しんぞう)
kou i gan bou
行為(こうい) 願望(がんぼう)
to ri ma i ta shin ki rou
取(と)り巻(ま)いた 蜃気楼(しんきろう)
i ya o u nai
否応(いやおう)ない
kou kai dou dai
後悔(こうかい) どうだい
nou nai dou dai
脳内(のうない) どうだい
a i shi te i run de sho
愛(あい)しているんでしょ
nan de nan de yo
なんで なんでよ

nan de nan de
なんで なんで
nan de nan de
なんで なんで
boku ra wa dou ya tte i ki ru no ?
ボクらはどうやって生(い)きるの?
sho sen sen kyu- me ri- ba ddo en do
所詮(しょせん)センキューメリーバッドエンド
u ma re rya oo kata wa di su to pi a
生(う)まれりゃ 大方(おおかた)はディストピア
kono hi to mi ga u zu i ta no wa
この瞳(ひとみ)が疼(うず)いたのは
ki shi kan da ra ke no sei
既視感(きしかん)だらけの生(せい)


「楽しいことがあるほどに 涙の跡が消えないんだ」 「まふまふ激推しです!」 「神僕/鬼滅/童磨/Toma/ATR/DRB/FP/春卷饭」