マリンスノーの花束を

作詞︰まふまふ
作編曲︰まふまふ
唄:そらる/まふまふ
After the Rain

罗马音:化野_uni

syoka no pare-do
初夏(しょか)のパレード
shio kaze no se
潮風(しおかぜ)の背(せ)
umi no kure-pu
海(うみ)のクレープ
haji keta yume
はじけた夢(ゆめ)
chotto dake tokui ge ni
ちょっとだけ得意気(とくいげ)に
kimi wo saso un dayo
君(きみ)を誘(さそ)うんだよ

shi buki agete
飛沫(しぶき)あげて
nomi komu natsu ga
飲(の)み込(こ)む夏(なつ)が
ramu neni yoku nita kono aji ga
ラムネによく似(に)たこの味(あじ)が
koi da nan te yobu kotoni
恋(こい)だなんて呼(よ)ぶことに
hani ka n da wan shi-n
はにかんだワンシーン

kaki kake no mirai
描(か)きかけの未来(みらい)
suna no shiro
砂(すな)の城(しろ)
zutto ii dasezu ita
ずっと言(い)い出(だ)せずいた
kou kai mo
後悔(こうかい)も
kokoro no michi hikini
ココロの満(み)ち引(ひ)きに
naga sarete kiete iku
流(なが)されて消(き)えていく

hoshizora no kyan basu wo
星空(ほしぞら)のキャンバスを
tore-sushite
トレースして
kono yono ginga wo bake tsu de
この世(よ)の銀河(ぎんが)をバケツで
koboshite mitai
零(こぼ)してみたい
tsume tai shinkai no
冷(つめ)たい深海(しんかい)の
kimini mo mieru youni
君(きみ)にも見(み)えるように

safaia yori
サファイアより
fukai kousai no
深(ふか)い虹彩(こうさい)の
hitotsu mo nai syou kei
ひとつもない小景(しょうけい)
atena mo nai mama
宛名(あてな)もないまま
shizun da mukou
沈(しず)んだ向(む)こう
kimini misetai
君(きみ)に見(み)せたい
hoshizora ni na ttan da
星空(ほしぞら)になったんだ

mi hana da kara
水縹(みはなだ)から
ruri iro no shita
瑠璃色(るりいろ)の下(した)
marin suno-ni mitore teita
マリンスノーに見惚(みと)れていた
mou nidoto kimino koto
もう二度(にど)と君(きみ)のこと
tebanashi wa shi nai
手放(てばな)しはしない

soshite suteppu ando sukippu
そしてステップ&(アンド)スキップ
sui sa i no suihei sen
水彩(すいさい)の水平線(すいへいせん)
futari de arui te ikou
ふたりで歩(ある)いていこう

kanawa na i nara yume yori
叶(かな)わないなら夢(ゆめ)より
ohanashi de ii
御話(おはなし)でいい
kie te shimau nara
消(き)えてしまうなら
koini mita naku tatte ii
恋(こい)に満(み)たなくたっていい
mi jyuku na kanjyou no
未熟(みじゅく)な感情(かんじょう)の
omosa de shizun deiku
重(おも)さで沈(しず)んでいく

doredake fukai sekai kei no
どれだけ深(ふか)いセカイ系(けい)の
kura yami datte
暗闇(くらやみ)だって
utakata no nazoru
泡沫(うたかた)のなぞる
ten tai no sou
天体(てんたい)の相(そう)
kimini mise tai
君(きみ)に見(み)せたい
hoshizora ni na ttan da
星空(ほしぞら)になったんだ

kimi no moto e
君(きみ)のもとへ
todo itara ii noni naa
届(とど)いたらいいのになあ


「楽しいことがあるほどに 涙の跡が消えないんだ」 「まふまふ激推しです!」 「神僕/鬼滅/童磨/Toma/ATR/DRB/FP/春卷饭」