「命のユースティティア」

作詞:Neru
作曲:Neru
歌:まふまふ

罗马音:化野_uni

Justice is still in my heart
kimi ni to do ke yu-su ti ti a
君(きみ)に届(とど)け ユースティティア

kura yami ga ta chi ko me ta you na
暗闇(くらやみ)が立(た)ち込(こ)めた様(よう)な
mi su te rare ta ma chi de
見捨(みす)てられた街(まち)で
hi to ri ko doku wo u ta u ki mi wo mi ta
一人(ひとり) 孤独(こどく)を詠(うた)う君(きみ)を見(み)た
yo mi ga e ru ki o ku ni ko dama shi te
よみがえる過去(きおく)に木霊(こだま)して
kimi no u de wo tsu ka mu
君(きみ)の腕(うで)を掴(つか)む
koko ga yaku soku no chi da to shin ji te
ここが 約束(やくそく)の地(ち)だと信(しん)じて

ta shi ka na ko ta e wa do ko ni mo
確(たし)かな答(こた)えは何処(どこ)にも
na i ke re do
無(な)いけれど
ka go no na ka no ko tori wa me za me ta
籠(かご)の中(なか)の小鳥(ことり)は目覚(めざ)めた
ha ne sa e na i ma ma ko do u wa
羽根(はね)さえ無(な)いまま鼓動(こどう)は
ka so ku shi te
加速(かそく)して
boku ra kono hi wo
僕(ぼく)らこの日(ひ)を
kono to ki wo ma chi tsu zu ke te tan da
この時(とき)を待(ま)ち続(つづ)けてたんだ

kana wa nu i no ri ni
叶(かな)わぬ 祈(いの)りに
suku i no ryou te wo
救(すく)いの両手(りょうて)を
u ma re ka wa re
生(う)まれ変(か)われ
i no chi no yu-su ti ti a
命(いのち)のユースティティア
don na kaze fu i te i ta tte
どんな風吹(かぜふ)いていたって
kono ko e wa ke se ya shi na i
この声(こえ)は消(け)せやしない

a shi ta no boku ra ni
未来(あした)の僕(ぼく)らに
no ko se ru mono wa nani
残(のこ)せる物(もの)は何(なに)?
sora wo te ra se
宙(そら)を照(て)らせ
i chi ru no yu-su ti ti a
一縷(いちる)のユースティティア
i chi byou da tte kuru wa se nai
一秒(いちびょう)だって 狂(くる)わせない
u ba ware ta se ka i wo
奪(うば)われた世界(せかい)を
saa to ri mo do se
さあ取(と)り戻(もど)せ

kasa na ri a tte
重(かさ)なり合(あ)って
i tsu no hi da tte
いつの日(ひ)だって
boku ra wa tomo ni i ru
僕(ぼく)らは共(とも)にいる

sabi tsu i ta to bi ra ni te ka za shi te
錆(さ)び付(つ)いた扉(とびら)に手翳(てかざ)して
fu tata bi e ga ku i ma
再(ふたた)び描(えが)く現在(いま)
ki mi no
君(きみ)の
kimi dake no u ta ga ha ji ma ru
君(きみ)だけの物語(うた)が始(はじ)まる
na ku shi ta koto ba to koto ba no
失(な)くした言葉(ことば)と言葉(ことば)の
i mi wo tsu mu gi a wa se te
意味(いみ)を紡(つむ)ぎ合(あ)わせて
tsu yo ku dare yori chi ka ra tsu yo ku
強(つよ)く 誰(だれ)より力強(ちからづよ)く
saki ho ko ru sono ne wo dou ka
咲(さ)き誇(ほこ)るその音(ね)をどうか
ta ya sa na i de
絶(た)やさないで

boku ga boku ra shi ku a ru koto
僕(ぼく)が僕(ぼく)らしく在(あ)ること
kimi ga kimi ra shi ku a ru koto
君(きみ)が君(きみ)らしく在(あ)ること
sore ga hate shi na i
それが果(は)てしない
boku ra no yu-su ti ti a
僕(ぼく)らのユースティティア

kana wa nu i no ri ni
叶(かな)わぬ祈(いの)りに
suku i no ryou te wo
救(すく)いの両手(りょうて)を
u ma re ka wa re
生(う)まれ変(か)われ
i no chi no yu-su ti ti a
命(いのち)のユースティティア
don na kaze fu i te i ta tte
どんな風吹(かぜふ)いていたって
kono ko e wa ke se ya shi na i
この声(こえ)は消(け)せやしない

a shi ta no boku ra ni
未来(あした)の僕(ぼく)らに
noko se ru mono wa nani
残(のこ)せる物(もの)は何(なに)?
sora wo te ra se
宙(そら)を照(て)らせ
i chi ru no yu-su ti ti a
一縷(いちる)のユースティティア
i chi byou da tte kuru wa se nai
一秒(いちびょう)だって 狂(くる)わせない
u ba wa re ta se ka i wo
奪(うば)われた世界(せかい)を
saa to ri mo do se
さあ取(と)り戻(もど)せ

i tsu wa ri a tte dama sa re ta tte
偽(いつわ)り合(あ)って 騙(だま)されたって
sore demo so tto hi kari wa fu tte
それでもそっと 光(ひかり)は降(ふ)って
i tsu ka wa ki tto kana ra zu ki tto
いつかはきっと 必(かなら)ずきっと
boku ga kimi no kokoro to mo su kara
僕(ぼく)が君(きみ)の心燈(こころとも)すから


「楽しいことがあるほどに 涙の跡が消えないんだ」 「まふまふ激推しです!」 「神僕/鬼滅/童磨/Toma/ATR/DRB/FP/春卷饭」