「メルシー」

神様、僕は気づいてしまった
-「20XX」アルバム収録曲

作曲 : Heito Higashino
作词 : Heito Higashino
Vocal:どこのだれか

罗马音:化野_uni

su thi gu ma wo o tta
スティグマを負(お)った
sa e nai shou nen
冴(さ)えない少年(しょうねん)
wara e na i hodo ni
笑(わら)えない程(ほど)に
jyuu shou da tta
重傷(じゅうしょう)だった
sa re do hibi wa shin zou wo
されど日々(ひび)は心臓(しんぞう)を
tsu ki sa shi te ku
突(つ)き刺(さ)してく

i ki ru ta me
生(い)きる為(ため)、
ai wo u tta shi thi - ga-ru
愛(あい)を売(う)ったシティーガール
da tou na ne u chi mo
妥当(だとう)な値打(ねう)ちも
tsu i cha i na i sa
付(つ)いちゃいないさ
do ro no you na ko-hi- non de
泥(どろ)のようなコーヒー飲(の)んで
go ma ka shi ta
誤魔化(ごまか)した

bo ku ra no ko do ku wa
僕等(ぼくら)の孤独(こどく)は 
bo ku ra no na mi da wa
僕等(ぼくら)の涙(なみだ)は 
ke tsu raku wa
欠落(けつらく)は
ga so rin mi tai ni u kan de i te
ガソリンみたいに浮(う)かんでいて
tsu ma ha ji ki ni a tte i ru
爪弾(つまはじ)きに遭(あ)っている

so i tsu ni to ku i ge de
そいつに得意気(とくいげ)で
hi wo tsu ke te
火(ひ)を着(つ)けて
da i ki ra i na su be te ga
大嫌(だいきら)いな全(すべ)てが
hi to o mo i ni shi te
一思(ひとおも)いにして
bo ku ra mo ma ki kon de
僕等(ぼくら)も巻(ま)き込(こ)んで
fu ki ton de shi ma e ta ra ii no ni
吹(ふ)き飛(と)んでしまえたらいいのに

se ka i nan te i sshou
世界(せかい)なんて一生(いっしょう)
a i se ya shi nai to u ran de ta
愛(あい)せやしないと恨(うら)んでた
u ta ga u koto de
疑(うたが)うことで
ji bun no i no chi ga
自分(じぶん)の命(いのち)が
su ku e ru to o mo tte i ta
救(すく)えると思(おも)っていた
na ki jya ku tta mi ra i wo
泣(な)きじゃくった未来(みらい)を
bou kan nan te
傍観(ぼうかん)なんて
mou de ki nai yo
もうできないよ

todo ku made mou i kka i
届(とど)くまでもう一回(いっかい)
todo ku made mou i kka i
届(とど)くまでもう一回(いっかい)
ha ppi- en do nan te no zon jya i nai
ハッピーエンドなんて望(のぞ)んじゃいない
hon tou no ji bun ga ki tto
本当(ほんとう)の自分(じぶん)がきっと
ho shii da ke
欲(ほ)しいだけ

yoko ni yu re te su kuramu gun de
横(よこ)に揺(ゆ)れてスクラム組(ぐ)んで
ko i wo u ta tta
恋(こい)を歌(うた)った
ji dai wa o wa tta
時代(じだい)は終(お)わった
nara ba boku ra nani wo to i
ならば僕等(ぼくら)、何(なに)を問(と)い
tata ka tte 、su ga tte、 u ta u beki da
戦(たたか)って、縋(すが)って、歌(うた)うべきだ

i sso i ki te ko na ke rya
いっそ生(い)きてこなけりゃ
boku ga boku de na ke re ba ai sare ta
僕(ぼく)が僕(ぼく)でなければ愛(あい)された
nee、dou shi te ma da
ねえ、どうしてまだ
boku wa i ki run da rou
僕(ぼく)は生(い)きるんだろう

shi ra re ta ka gen demo
知(し)られた嘉言(かげん)でも
ya sa shii i no ri mo
優(やさ)しい祈(いの)りも 
wara i gu sa mo
笑(わら)い種(ぐさ)も
kono mune ni a i ta ki zu gu chi wo
この胸(むね)に空(あ)いた傷口(きずぐち)を
u me rare ya shi nai you da
埋(う)められやしないようだ

ha ji me kara shi tte ta
初(はじ)めから知(し)ってた
ha ji me kara shi tte tan da
初(はじ)めから知(し)ってたんだ
sou da rou
そうだろう
ji bun wo suku e ru nan te hoka de mo nai
自分(じぶん)を救(すく)えるなんて他(ほか)でもない
hon tou no ji bun jya na i no ka
本当(ほんとう)の自分(じぶん)じゃないのか

se kai da tte boku wo
世界(せかい)だって僕(ぼく)を
ai shi cha kure na in da to
愛(あい)しちゃくれないんだと
kokoro ni ka gi wo mi ka tte ni
心(こころ)に鍵(かぎ)を身(み)勝手(かって)に
ka ke te shi na tte i tan da tta
かけてしなっていたんだった
na ki jya ku tta mi rai wo
泣(な)きじゃくった未来(みらい)を
bou kan dan te
傍観(ぼうかん)なんて
mou deki nai yo
もうできないよ

todo ku made mou i kka i
届(とど)くまでもう一回(いっかい)
todo ku made mou i kka i
届(とど)くまでもう一回(いっかい)
ha ppi-en do nan te no zon jya i nai
ハッピーエンドなんて望(のぞ)んじゃいない
hon tou no ji bun ga ki tto
本当(ほんとう)の自分(じぶん)がきっと
ho shii da ke
欲(ほ)しいだけ

mei mou mo 、kan shou mo
迷妄(めいもう)も 感傷(かんしょう)も 
ai zou mo 、 an tou mo
愛憎(あいぞう)も 暗闘(あんとう)も
kuu so na pu rai do mo zen bu wo
空疎(くうそ)なプライドも全部(ぜんぶ)を
o wa ri ni shi you
終(お)わりにしよう

sen bou mo 、sen jyou mo
羨望(せんぼう)も 扇情(せんじょう)も 
kou sou mo 、hou nen shi te
抗争(こうそう)も 放念(ほうねん)して
i tsu ka no boku ra e ka e rou
いつかの僕(ぼく)らへ帰(かえ)ろう


「楽しいことがあるほどに 涙の跡が消えないんだ」 「まふまふ激推しです!」 「神僕/鬼滅/童磨/Toma/ATR/DRB/FP/春卷饭」