「たぶん」

作詞作編曲:Ayase
Mix/Vocal:まふまふ

罗马音:化野_uni

na mi da na ga su koto sura na i mama
涙流(なみだなが)すことすら無(な)いまま
su go shi ta hibi no a to hito tsu mo noko sazu ni
過(す)ごした日々(ひび)の痕(あと)一(ひと)つも残(のこ)さずに
sa yo na ra da
さよならだ

hito ri de mu ka e ta a sa ni
一人(ひとり)で迎(むか)えた朝(あさ)に
na ri hibi ku dare ka no o to
鳴(な)り響(ひび)く誰(だれ)かの音(おと)
futa ri de su go shi ta he ya de
二人(ふたり)で過(す)ごした部屋(へや)で
me wo do ji ta mama kan ga e te ta
目(め)を閉(ど)じたまま考(かんが)えてた

wa ru i no wa dare da
悪(わる)いのは誰(だれ)だ
wa kan nai yo
分(わ)かんないよ
dare no se i demo nai
誰(だれ)のせいでもない
ta bun
たぶん

boku ra wa nan kai da tte ki tto
僕(ぼく)らは何回(なんかい)だってきっと
sou nan nen da tte ki tto
そう何年(なんねん)だってきっと
sayo nara to tomo ni o wa ru dake nan da
さよならと共(とも)に終(お)わるだけなんだ
shi kata ga nai yo ki tto
仕方(しかた)がないよきっと
「o ka e ri」
「おかえり」
o mo wazu ko bo re ta koto ba wa
思(おも)わず零(こぼ)れた言葉(ことば)は
chi ga u na
違(ちが)うな

hito ri de mu ka e ta a sa ni
一人(ひとり)で迎(むか)えた朝(あさ)に
futo o mo u dare ka no koto
ふと想(おも)う誰(だれ)かのこと
futa ri de su go shi ta hibi no
二人(ふたり)で過(す)ごした日々(ひび)の
a ta ri ma e ga mada noko tte i ru
当(あ)たり前(まえ)がまだ残(のこ)っている
wa ru i no wa kimi da
悪(わる)いのは君(きみ)だ
sou da kke
そうだっけ
wa ru i no wa boku da
悪(わる)いのは僕(ぼく)だ
ta bun
たぶん

kore mo tai shu teki ren ai de sho
これも大衆的恋愛(たいしゅてきれんあい)でしょ
sore wa sai shuu teki na kota e dayo
それは最終的(さいしゅうてき)な答(こた)えだよ
boku ra dan dan to zure te i tta no
僕(ぼく)らだんだんとズレていったの
sore mo tada yoku a ru kiki nare ta suto-ri- da
それもただよくある聴(き)き慣(な)れたストーリーだ
a n na ni kaga ya i tei ta hi bi ni sura
あんなに輝(かがや)いていた日々(ひび)にすら
hoko ri wa tsu mo tte i kun da
埃(ほこり)は積(つ)もっていくんだ

bo ku ra wa nan kai da tte ki tto
僕(ぼく)らは何回(なんかい)だってきっと
sou nan nen da tte ki tto
そう何年(なんねん)だってきっと
sayo nara ni tsu zu ku mi chi wo a ru kun da
さよならに続(つづ)く道(みち)を歩(ある)くんだ
shi kata ga nai yo ki tto
仕方(しかた)がないよきっと
「o ka e ri」
「おかえり」
i tsu mo no you ni
いつもの様(よう)に
ko bo re o chi ta
零(こぼ)れ落(お)ちた

wa ka ri a e na i koto nan te sa
分(わ)かり合(あ)えないことなんてさ
i ku ra demo a run da ki tto
幾(いく)らでもあるんだきっと
su be te wo yuru shi a e ru wake jya na i kara
全(すべ)てを許(ゆる)し合(あ)えるわけじゃないから
tada、ya sa shi sa no hibi wo
ただ、優(やさ)しさの日々(ひび)を
tsu ra i hibi to kan ji te shi ma tta no na ra
辛(つら)い日々(ひび)と感(かん)じてしまったのなら
mo do re na i kara
戻(もど)れないから

boku ra wa nan kai da tte ki tto
僕(ぼく)らは何回(なんかい)だってきっと

boku ra wa nan kai da tte ki tto
僕(ぼく)らは何回(なんかい)だってきっと
sou nan nen da tte ki tto
そう何年(なんねん)だってきっと
sayo nara to tomo ni o wa ru dake nan da
さよならと共(とも)に終(お)わるだけなんだ
shi kata ga nai yo ki tto
仕方(しかた)がないよきっと
「o ka e ri」
「おかえり」
o mo wa zu ko bo re ta koto ba wa
思(おも)わず零(こぼ)れた言葉(ことば)は
chi ga u na
違(ちが)うな

sore demo nan kai da tte ki tto
それでも何回(なんかい)だってきっと
sou nan nen da tte ki tto
そう何年(なんねん)だってきっと
ha ji ma ri ni mo do ru koto ga deki ta nara
始(はじ)まりに戻(もど)ることが出来(でき)たなら
nan te o mo tte shi ma u yo
なんて、思(おも)ってしまうよ
「o ka e ri」
「おかえり」
todo ka zu kobo re ta koto ba ni
届(とど)かず零(こぼ)れた言葉(ことば)に
wa ra tta
笑(わら)った
su ko shi hi e ta a sa da
少(すこ)し冷(ひ)えた朝(あさ)だ


「楽しいことがあるほどに 涙の跡が消えないんだ」 「まふまふ激推しです!」 「神僕/鬼滅/童磨/Toma/ATR/DRB/FP/春卷饭」