あさきゆめみし 歌词翻译

作词作编曲:まふまふ
歌词翻译:JZLSX
专辑:神楽色アーティファクト

#转载翻译请标明译者!请勿自行改动翻译!

元日過ぎてから 指折る年の瀬も
在元旦过后屈指可数的年末之日
余さず季節を君と紡いで
也与你共同编织所有的季节吧
幾年過ぎただろう
好似已过去多年
心はずっとあの日でも
尽管心里一直想着那一天
大人になったよ 君の分まで
我也带上你的那份 成为了大人哦

長胴の太鼓叩いて 提灯は五日灯った
敲打长胴太鼓 灯笼点亮五日
明年の門を潜って 百八つの鐘を聞いた
穿过明年的大门 闻一百零八次钟声
行く年の中 手を振っている
在即将过去的一年里 挥手告别

あさきゆめみし 君を想う
浅梦已醒 思君想君
君を失くして 君を強請る
失去了你 强求着你
朝日昇るは明くる年
朝阳升起 翌年来临
君を置き去りにして
将你抛弃

こんな叶わないことを詠う
咏唱着这无法实现的事物
ボクを笑ってくれるかな
你会因此而笑我吗
浅く眠れる枕元に
在浅睡的枕边
君を探しに行きたい
想去寻找你的踪迹

浴衣に粧しして 見知った神社まで
以浴衣装扮 到那熟知的神社
橙色の連なる年の瀬
处处绵延着橙色的年末
幾年過ぎようと
不管过去多少年
見惚れてしまったあの日から
也从入迷于你的那一天开始
探してしまうだろう 夢の中まで
直到梦中 一直寻找着你吧

もういくつ寝て待とうと もういくつ寝て待とうと
不管多少次在睡梦中等待 不管多少次在睡梦中等待
君行きの未来なら 全部 あの日に乗り換えていた
将通向你的未来 全部改换了记忆中的那一天
行く年の中 手を振っている
在即将过去的一年里 挥手告别

ああきゆめみし 君笑う
浅梦已醒 君展笑颜
時の止まった花氷 [注]
时间停止的冰中花
瞼の裏に映写して
映照于眼帘
何時何時何時迄も
无论到何时也是如此

こんな叶わないことを詠う
咏唱着这无法实现的事物
ボクを笑ってくれるかな
你会因此而笑我吗
浅く眠れる枕元に
在浅睡的枕边
君を探しに行きたい
想去寻找你的踪迹

あさきゆめみし ゑひもせす [注]
浅梦已醒 醉亦消散
叶わぬ今日を知ろうとも
即使知晓 这无法实现的今日
するりと抜ける指先に
这轻轻划过的指尖
頬を濡らすばかり
也只会沾湿脸颊

心ひとつが立ち止まり
这颗心停止不前
未だ越せずにいるボクを
直到你将无法跨越这道坎的我
君が叱ってくれる日まで
责备的那一天为止
君を探しに行きたい
想去寻找你的踪迹

浅く眠れる枕元に
在浅睡的枕边
君を探しに行きたい
想去寻找你的踪迹

注:
1.「あさきゆめみし」来源于日本著名和歌「伊呂波歌」,可表记为「浅き夢見じ」意为“不做肤浅的梦”(也有说法为做浅梦,这里以维基百科的解释为准)
2.「花氷」 是把花放在瓶子里面冻成冰柱,也是夏日的季语。
3.「ゑひもせす」可表记为「酔ひもせず」,意为“也不再沉醉”


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。