百鬼夜行

絵/映像 りゅうせー
作曲編曲 佐々木裕
歌/作詞作曲/ギター まふまふ
歌词翻译:JZLSX
不管是做字幕还是贴评论区 只要转载翻译请标明译者 请勿自行改动翻译 如果觉得翻译有误欢迎指出

今宵 常日頃の憂さを晴らしましょう
今晚 消去平日里的忧愁吧
賑わえば 夜の帳が下りぬ祭りのこと
若是热闹起来 夜幕就不会降临的祭典

太鼓に一節切 君もここへおいで
太鼓与一节切(注1) 你也过来吧
明け透けな白日の下 震えるくらいなら
在通透的白日之下 若是到了颤抖的程度

どろり どろろり
咚隆隆 咚隆隆隆(注2)
「渡る世間にゃ其れがいる」
「这世上有那东西存在」(注3)
どろり どろろり
咚隆隆 咚隆隆隆
君と共に鬼となろう 今日は
今日 与你一起成为鬼怪吧

誰が為に宵は来ると 世人に疎まれても
即使为了谁夜晚来临 便被世人所疏远
爛れ 開いた心の傷 隠してあげるよ
溃烂敞开的心中创伤 我会为你将其隐藏

夜の瀬に踊り踊れ 秘め事 問わないまま
在夜晚之际尽情舞蹈吧 秘密之事 就这样不要问
剽軽 妖狐に化かされることなんて
对被滑稽妖狐迷惑住之类的事
慣れっこだろう?
已经习惯了吧

笑いたけりゃ笑えばいい
若是想欢笑 笑出来就好了
何万年 妖たちは踊る
不管多少万年 妖怪都在舞蹈的
夜宴の夢
夜宴之梦

今日を生きられない ボクらなんかを導くのは
将无法好好活在今日的我们带领的
耽美な日輪より 破れかけた祭り提灯だけ
比起唯美的太阳 只有那刚开始残破的祭祀灯笼

摺鉦の鳴る境内 奥の灯籠で
在摺钲(注4)敲响的神社 深处的灯笼处
赤い下駄が鳴ったら合図
红色木屐若是发出声响便是暗号
誰に呼び止められようと
与我做好约定吧 无论被谁叫住
振り向かないと約束しておくれ
都不要回头

ねえ どうして
呐 为什么
忌み嫌われにゃならないの
一定会被忌讳呢
どろり どろろり
咚隆隆 咚隆隆隆
うらめしいことひとつすらないさ
遗憾的事 一件也没有啊

名ばかりの神であると 現世 嘆くのなら
若是作为徒有其名的神明 而在世间哀叹
君が望んだ常世の夢 叶えてあげるよ
你期望的万世之梦 我会为你实现哦

風が止む その刹那に手招く迷ひ処まで
风停止吹拂 直到在那刹那间招手的迷幻之屋(注5)
鬼火の花道 我が物顔で歩く
在鬼火作祟的花道上 旁若无人地行走
夜半の園
在半夜的园区

泣きたいなら泣いたらいい
想哭的话哭出来就行了
幾万年でも行脚した
多少万年都在云游的
夢と夢の隙間
梦与梦的间隙

(かごめかごめ 籠の中の鳥は)
竹笼眼 竹笼眼(注6) 笼中的鸟
(いついつ出やる 後ろの正面だあれ?)
何时何时飞出来 在我后面的人是谁
共に行こう 千里の果てまで
一起出发吧 直到千里之外的尽头

誰が為に宵は来ると 世人に疎まれても
即使为了谁夜晚来临 便被世人所疏远
爛れ 開いた心の傷 隠してあげるよ
溃烂敞开的心中创伤 我会为你将其隐藏

もう何も もうどこにも 怖がることなどない
无论何物 无论何处 已经不会再有恐惧之情
剽軽 妖狐に化かされることなんて
对被滑稽妖狐迷惑住之类的事
慣れっこだろう?
已经习惯了吧

笑いたけりゃ笑えばいい
若是想欢笑 笑出来就好了
何万年 妖たちは踊る
不管多少万年 妖怪都在舞蹈的
夜宴の夢
夜宴之梦

注1:一节切是日本的一种传统木管乐器,可能是日本尺八的前身乐器,名字源于制作乐器的竹子的年龄为一节分(十五日)来自维基百科
注2:どろり:黏黏地;どろどろ:(幽灵上场时的)鼓声 应该是第二个
注3:有一句谚语是「渡る世間に鬼はない」(人间处处有温情)这里可能是用字面意思,歌词中「其れ」指鬼
注4:摺鉦,一种打击乐器
注5:在东北,关西地方流传的,能给访问者财富的山中的迷幻之屋。
注6:かごめかごめ 为日本儿童玩游戏会唱的一首童谣。笼之目有解释成编织笼子时留下的针眼的说法


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。