作曲 : まふまふ
作词 : まふまふ
翻译:JZLSX

取り囲んで今日の判決
快围过来瞧瞧今天的判决
役立たずはいらない
这里不需要没用的家伙
隣の椅子まで奪い取れ
连隔壁的椅子也夺过来吧

決を採っちゃ列を成して
采纳表决后排成一队
右に倣うだけ
所有人都只是向右看着
めでたく死刑執行の日だ
这是可喜可贺的死刑执行日

不要とされたひとつの人格は
被认为是无用的那一种人格
枝葉に分かれていく
分流出了许多枝节
そんなの そんなの ボクら互いに詰って
那样的 那般的 我们互相责备
踏んでねじ曲げられたシナリオ
践踏又被歪曲的剧本

鳴り響く警鐘 エラーするノイズ
响彻四方的警钟 报错的噪音
自壊性のプログラム
自毁程序
ボクがいない ボクがいない
我不在 我无存
身体が痛みたがるのに
明明这身体想要疼痛的感觉

この自尊心が 虚栄心が
这自尊心和虚荣心
ココロを侵していく
继续侵犯着我的心灵
全部お前のせいなんだ
这全都是你的过错
一生したり顔で見下していろ
请一生都用那得意的面孔轻视一切吧

「もう世界を嫌うこともない。」
「我已经不厌恶这个世界了。」
リファレンスは画面越しの顔
这句话的依据是屏幕对面的那张脸
流行りに沿った仮面以外は
除了顺应流行趋势的面具以外
標的となる
都成为了目标

『手さぐりの暗闇 むせ返るどよめき
『摸索着的黑暗 嘈杂声中喘不过气
無数に飛び交う言の刃
不计其数纷飞的言语之刃
血眼になって刺し返したその顔は
拼命刺回去的那张脸
ボクによく似ていました。』
很像我自己啊。』

セカイ系空想 機能停止アンドゥ
空想世界系 机能停止Undo
姿見 乖離して
背离穿衣镜
何度でも 何度でも
不管多少次 不管多少次
飛び起きて咽び泣くだけ
都只是猛然起床抽泣

ねえ叱ってくれ 叩いてくれ
喂 责备我吧 攻击我吧
壊すほどに愛してよ
爱到想将我破坏掉的程度吧
きっと頭じゃわかってるんだ
头脑里一定是明白
この空白は初期の仕様だろう
这一片空白正是初期的做法吧

どうして?どうして?
为什么?为什么?
弾き合っては気づいた
互相排斥之后注意到了
あいつもこいつも疑う余地もなく自分だ
这家伙那家伙正是连怀疑的余地都没有的自己啊

鳴り響く警鐘 エラーするノイズ
响彻四方的警钟 报错的噪音
自壊性のプログラム
自毁程序
ボクがいない ボクがいない
我不在 我无存
身体が痛みたがるのに
明明这身体想要疼痛的感觉

この自尊心が 虚栄心が
这自尊心和虚荣心
ココロを侵していく
继续侵犯着我的心灵
全部お前のせいなんだ
这全都是你的过错
先天性の自我を呪って
咒骂那先天性的自我
一生したり顔で見下していろ
请一生都用那得意的面孔轻视一切吧


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。