曼珠沙华

作詞作曲:まふまふ
編曲 :佐々木裕

翻译:JZLSX

欢迎来到桃源乡
欢迎来到桃源乡

四季の芽吹いた華胥の国
华胥之国 四季芽生
果ても知らずに 絢爛に
无穷无尽 绚丽缤纷
桃の香に当てられて
桃香之气 迷人心魂
夢見心地 無何有の郷
宛如梦境 实无此村

いつか望んだあの背中
过去遥望的那背梁
菫の咲いた小道に
紫罗兰绽放的那小道
見ないふり
故作不见
月並みに泣いた春のこと
平凡哭泣的 春日时节

「想 要 什么?」 妄想 参照して
参照“想要什么”的妄想
一切合切投げ捨てて
抛开一切
今宵は明けるまで遊びましょ
今夜直到天明 一起游玩吧

華やかに踊り踊れや 天下の綻び
庄重起舞 世间之绽放
手招いた ボクは桃の花
招手的我 是那桃花
それとも曼珠沙華
亦或是彼岸花

「想见你」 君が望むなら
“想见你”如果你这样盼望
今夜は心も意のままに
今夜就是那随心之所向
狂い咲き 共に散りゆく
不和时节地绽放 共同飘散的
傾国の華
倾国之花

「同じ未来を歩めたら」
“如果可以走上相同的未来”
潜めて抱いた想像だ
怀着这样的想象 将它潜藏心底
望まぬ恋と嘆くのは
现在叹息那无法望见的恋情
元より望んだボクのせい
怪就怪我当时的盼望

欲を満たして華胥の国
满足欲望 华胥之国
知らずに咲いた睡蓮花
水上睡莲 无声绽放
今日の桃子が苦いのは
今天的桃子稍有苦涩
涙で実った春だから
是因为在春日 眼泪让它成熟

酔狂 興じる水鏡
异想天开 以水中的倒影自娱
陰陽 緘黙症 桃源郷
阴阳 沉默不语 桃源乡
宛ら斑模様の様 絢爛さに
宛如斑点花纹一般
入り乱れる堕落 誇張 闘争
堕落 夸张与纷争 都绚丽地错杂起来

冷めやらない 目覚めない
还未完全冷却 还未醒来
未だ誰もが永久の夢の中へ
现在谁都在向着永久的梦中沉睡

「ボクと踊りませんか?」
「和我一起起舞吧」

悲しみに響く波紋は
悲伤中回荡的波纹
黄河の水底
在黄河之底
恋い慕う 恋い慕う夢は
思慕 思慕之梦
何時ぞやの泡沫
已成那日的泡沫

「来 过来一下」 そして心に背いて
“来,过来一下”我们违背本心
誰が為に芽吹くの?
在错误的时节发芽是为了谁呢?
薄れずに 色味帯びていく
忧郁与彼岸之花
憂いと彼岸の花
所带有的色调不会变淡

欢迎来到桃源乡

欢迎来到桃源乡

―――咲けば散りゆく花のように
—就像那绽放不久就飘落的花瓣一样
運命は変えられない―――
命运 不会改变—

さあ、夢を 君の全てを
那就 梦也好 你的全部也好
ボクに委ねて
都交给我
堕落して? 何処までも落ちて
然后堕落下去吧 无论到何地都一直落下
枯れ行く曼珠沙華
渐渐枯萎的彼岸花

「想见你」 君が望むなら
“想见你”如果你这样盼望
今夜は心も意のままに
今夜就是那随心之所向
隠り世へ君を誘う
将你邀请至那隐世的
傾国の華
倾国之花


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。