作曲 : まふまふ
作词 : まふまふ

馴れ初めを 知らぬまま
不知情起何时
薄紅点した 宵時雨
抹上浅红的初更阵雨
朔日洗われて
被朔日洗净
真白になれたら
变得雪白的话

幼き日々は 貴方の傍
孩提之日 君之侧
悠々 夢の果て
悠悠梦之尽

今宵は誰がために 踊るのでしょう
今晚为谁而舞
霞む 私は朧月
卑微的我犹如那朦胧月色
手繰り寄せる 朱殷の糸口よ
将那朱殷色的线头拉到我身旁
貴方に続けと願う
愿可连绵至君

華やかな 景観に
为华丽之景
当てられ世人は 列なる
猎艳的世人接二连三
悲しみは幾匁
悲哀值几文
花は一匁
赏钱值一文

知らぬ 吐息を浴び 軋む帳
沾满了未知的气息 帐子嘎吱作响
今は不香の花でありたい
现在想变成雪花啊
顔の無い 人影に 絆されて
被无颜的人影绊住
手折られてしまうのなら
已经据为己有了的话

袖口の 手毬は
袖口的手毬
転ぶ 暗がりの方へ
向着暗处滚动
ねぇ お願い ひとりにしないで
呐 求求你 不要让我一个人

雲間に消える
在云彩缝隙中消失

愛しい愛しいよと 木霊した
“小可爱 小可爱哟” 回荡着这样你呼喊我的声音
日々は思うほどに遥か
过去的日子越想越遥远
冷めぬ心に霏霏と 六つの花
在不会变冷的心里霏霏落下的雪花
芽吹きとともに
在发芽的同时
あの人のもとへ 帰ろう
回到那个人身边吧

遊理に咲く 雪月花
花街柳巷中绽放的雪月花
霞む 私は朧月
卑微的我犹如那朦胧月色
手繰り寄せる 朱殷の糸口よ
将那朱殷色的线头拉到我身旁
貴方に続けと願う
愿可连绵至君

千切れぬ明日に
在不会破碎的明天
契りなどない
是没有宿缘的
薄月の色
薄月之色


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。