サクリファイス

作詞:まふまふ
作曲:まふまふ
翻译:JZLSX

果てしない悲哀の環状線 奪い合いの連鎖
没有尽头的悲哀的环状线 相互抢夺的连锁
終幕はどこで見られるだろう
终幕在哪能看到呢

命を預けた天秤は推定無罪を要して
托付着性命的天平需要获得无罪的推定
その正義も 猛る勇姿も
那正义也好 勇猛的英姿也好
不用品となってしまった
全部成为了废品

―――どうして?―――
―――为什么?―――

この手じゃ そんな小さな心にうまく触れない
这手 连这小小的心都不能好好触摸

歪んだ運命は 幾つもの禁忌の翼
扭曲的命运是数不胜数的禁忌之翼
望まれかざした刃が
承载期望举起的刀刃
手のひらを返して罪と成る
背叛本愿成为罪过
それは 辻褄が神に背きだすカルマ
这就是 事务条理违背神明所创造出的恶业
たとえ狂いない未来としても 正鵠に射かける
就算未来如同想象 也要正中靶心

どうして ボクの名前を呼んでよ
为什么 请叫出我的名字吧

まだ脳裏に焼きつく 憧憬
仍然铭记于心的 憧憬

くだらない夢の続きや あの丘目指して
继续这无聊的梦境 朝着那山丘
ボクらは笑えたはずだったのに
我们本该笑着的啊

疑い 疑われては鍵かける今日だ
怀疑 被怀疑的是上锁的今日
爆弾でしか戸を叩けずに
只能用炸弹敲开门
どこかで間違えていたんだ
这到底是哪里弄错了呢

―――どうして?―――
―――为什么?―――

この手は 奪うことばかりで
这手 净干些抢夺之事
あやせもしない
从来不懂得抚慰

空は青より灰色と記憶した翼
翅膀记忆下天空是灰色而不是蓝色
祟り目 奪った代に
祸不单行 作为过分抢夺的代偿
もうボクはボクでいられない
我们已经不能成为我们自己了
それはかつて名を持った 贖罪と輪廻
这就是曾经拥有了名字的 赎罪与轮回
以後いかなる幸せでも この手では触れない
今后不管有什么样的幸福 这双手也无法触及

どうして 君と会ってしまったの
为什么 我会遇见你

喉元に焼きつく 硝煙
在喉咙里烧掉的 硝烟

これだけの苦痛を抱え込んで
抱着这样点点滴滴的苦痛
生まれた意味などはないと知った
我知道了我的出生并没有什么意义
血塗られた今日日を血で洗って
将沾满血的现在用血清洗
生まれた意味などはないと知った
我知道了我的出生并没有什么意义

何ひとつも救えないくせして
明明什么也拯救不了
十字架ばかりを背負っていこうと
仍旧背负着十字架行走下去
何者にもなれないと知った
知道这样也不能变成任何人
処刑台が嗤い 手招いている
处刑台大笑着 向我们招手

歪んだ運命に敗した 仮初の翼
输给歪曲命运的 短暂寿命的翅膀
望まれかざした刃が
承载期望举起的刀刃
手のひらを返して罪と成る
背叛本愿成为罪过
それは 辻褄が神に背きだすカルマ
这就是 事务条理违背神明所创造出的恶业
たとえ狂いない未来としても 正鵠に射かける
就算未来如同想象 也要正中靶心

どうして ボクの名前を呼んでよ
为什么 请叫出我的名字吧

まだ脳裏に焼きつく 憧憬
仍然铭记于心的 憧憬


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。