それは恋の終わり/まふまふ
唄・作詞作編曲:まふまふ
翻译:JZLSX

汗ばむ温度を風に乗せて
让发汗的温度乘风随行
この夏最後の花火を見るんだ
去观看这夏天最后的烟花
夕日の影が夜を連れた
夕阳之影带来了夜晚
この夏最後のボクらの夢
这个夏天我们最后的梦想

不意の視線と 黒い長髪を結わいた
突然的视线与 你的黑发连接
浴衣姿と華奢な背中
穿着浴衣的姿态与纤细的背脊
黄昏時の向こう ぱーっと
在黄昏之时前方 啪的一下
あの空に
那片天空中

花火が上がって 君が微笑んで
烟花绽放 你展露出微笑
その有り触れた日々が全てで
那司空见惯的日子就是我的一切
それだけだった
仅此而已
夜空を着飾る光の粒に
在装点夜空的光粒绽放后
遅れて音がする
迟来的声音被我们听见
それが恋の終わりと知らずに
不知道那即是恋爱的终结的我
君に笑いかけていた
对你展露了笑容

心がどこか漫ろなのは
不由得心神不宁
下駄が擦れて痛むからだっけ
那是因为木屐磨疼了脚吧
歩幅も何も合わないのは
步幅也好 什么也不一致
人目を避けて歩いたから?
是因为我在避开旁人的目光行走吗

空っぽの手すら埋められない
空空的手也无法填补
意気地なしの最終列車
没出息的末班列车
ラムネの呼吸に閉じこもる
就像是关在柠檬汽水的呼吸中的
このビー玉みたいに
这玻璃弹珠一样
あの海の向こう側よりも
比那大海的另一端都
ずっとずっと遠い一歩
更远更远的一步
例えどれだけ近づいても
就算怎样去接近
その願いはもう遠すぎる
那愿望已经太过遥远

花火が可憐に色付いて見せる
烟花发出可爱动人的颜色
その暗闇の深いところに
没能注意到
気づけなかった
那黑暗的深处
ふたりの隙間を 照らす残り火
照亮两人之间的空隙的烟花余烬
遅れて音がする
声音紧随其后
打ち上がっては賑わう人波
烟花升空后热闹的人群
今日は8月の空
今日是八月的天空
それが恋の終わりと知らずに
不知道那即是恋爱的终结的我
君に笑いかけていた
对你展露了笑容

あと少しの もう少しの
还差一点 再多一点
埋まらない距離と夏
无法填满的距离与夏日
届かない 触れない
无法传达 无法触摸
あの花火のように
就像那烟花一般


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。