生まれた意味などなかった
作詞作編曲:まふまふ
翻译:JZLSX

厚紙の箱に捨てられた 命ならば値打ちはないか?
被舍弃在厚纸箱里的 如果是生命就没有价值了吧?
バス停 待合に渦巻く 見て見ぬふりの雑踏
车站 等候之地混乱无比的人群 对他们视而不见
書き損じはどうしようもないが それに勝る反吐が出ないか?
仅仅写坏了就无可奈何 其实还有更胜于此的不快心情吧
その行方は今日日じゃ 誰も知らない
那去向现在仍旧 谁也不知道

母の手を零れた 小さな命は
从母亲手中溢出的 那小小的生命
後部座席に勝る価値もない
就连胜于后排座位的价值都没有

何者にもなれる命で
在这能成为任何人的生命里
救えるものひとつもないのだ
没有任何能拯救的东西
これほどに器用な手先で
用这样精巧的指尖
救えるものひとつもないのだ 僕たちは
能拯救的东西一个也没有 我们就是这样啊

底知れた愚鈍な世界だ 書き物に筆を取れども
这是一个狭窄的愚钝的世界 为了写字去拿起笔也好
ぶちまけたインクのそれが ひどく適切ではないか?
这倾倒一空的墨水 难道不是非常得当吗?
死にたいかと言われりゃ 特に死ぬほどの孤独でもないが
如果被问到“你想死去吗”其实也没有孤独到想死的程度
生きたいか問われたら 何も言えない
但是如果被问到“你想活下去吗” 就什么也说不出来了

虚しさに適した表情はどれだ
适合于空虚的表情到底是哪一个啊
書き始めの言葉は
我开始写下

『生まれた意味などなかった。』
“没有什么出生的意义”

先見えぬ小説を読めば
如果去读一本不能预料未来的小说
捲り終えぬ世界があるのか?
有翻页翻不完的那种世界吗?
振り向けば崩れる足場で
在这一回头就会崩塌的立足之地
明日から何処へ向かうのだろう 僕たちは
从明日起要向着何方呢 我们啊

アンノウン
未知 未知
「私は誰だ」 「貴方は誰だ」
“我是谁” “你是谁”

アンノウン
未知 未知
消しては書いて 丸め捨てては
擦掉了又写上 揉成团丢弃

アンノウン
未知 未知
自分ひとつが未だ書けない
仍然无法写下自己

生まれた意味などないのか?
没有出生的意义吗?

生まれた意味などないのか?
没有出生的意义吗?

―――生まれた意味などないのだ。
———没有出生的意义啊

事切れぬものなんてないのに
明明没有什么未完结的事情
救えるものひとつもないのに
明明没有什么可以拯救的东西
この命に意味などないのに
明明这生命没有什么意义
優しい明日なんてないのに
明明没有温柔的明天什么的

行かなくちゃ たとえ死に向かって歩いていたって
不得不走了 就算是向着死亡前行
書かなくちゃ 当然余白も残っちゃいないが
不得不写下去了 当然纸上不会留下什么空白
知らなくちゃ 明日を この途方もない暗晦を
不得不知道那 明天 以及这没有调理的晦暗

生きなくちゃ 生きなくちゃ
不得不活下去 不得不活下去

生きなくちゃいけない
不得不活下去啊


一つだけ言わせてよ、君に会えてよかった。